資料請求入試情報アクセス 女子美術大学 Joshibi university of art and design
アート・デザイン表現学科 ファッションテキスタイル表現領域 FaceBook

イベント

2016年度卒業制作 学外展のご案内

ファッションテキスタイル表現領域 2016年度卒業制作学外展

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2016年度卒業生有志14名による卒業制作展を、六本木AXISギャラリーにて行います。

 

<会期>
2017年3月18日(土)~3月20日(月・祝)

 

<開催時間>
【18日】 12:00~19:00
【19日】 10:00~19:00
【20日】 10:00~17:00
■パフォーマンス
3月20日(月・祝) 14:30~

 

<会場>
AXIS GALLERY
〒106-0032
東京都港区六本木5-17-1
AXISビル 4F

http://www.axisinc.co.jp

 

<交通案内>
・東京メトロ日比谷線「六本木」駅3番出口より徒歩8分
・都営大江戸線「六本木」駅3、5番出口より徒歩8分
・東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅1番出口より徒歩8分
・都営大江戸線「麻布十番」駅7番出口より徒歩8分

 

<お問合わせ>
ファッションテキスタイル研究室
tel:03-5340-4651

 

 

 

アクセス

お知らせイベント

17.01.30

2016年度卒業・修了制作展のご案内

2017年3月10日(金)~12日(日) 10:00~16:00

http://www.joshibi.ac.jp/admission/opencampus/3240

※3月12日(日)は、オープンキャンパスin卒業制作展も同時開催です。

  ファッションテキスタイル表現領域は杉並キャンパスの7号館2階、10号館1階にて展示を行います。

是非お時間ございましたらご覧ください。

なお、駐車スペースはございませんのでお車でのご来場はお控ください。

学内展1

お知らせイベント

17.01.25

佐野恵子先生 特別講義のお知らせ

11/7(月)5限時にAXISギャラリー キュレーターの佐野恵子先生による特別講義が行われます。

 

%e4%bd%90%e9%87%8e%e6%81%b5%e5%ad%90%e5%85%88%e7%94%9f_%e5%ae%87%e5%ae%99%e4%ba%ba%e9%96%93%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc-01

 

 

 

◆ 特別公開講座 「宇宙・人間・アート」◆
日時:2016年9月12日(月)~12月19日(月)
祝日、年末年始を除く、毎週月曜16時20分~17時50分
会場:女子美術大学杉並校舎 7号館7201教室
受付場所:7号館前
開場:15時30分から
定員:当日先着50名

入場無料

本件に関しましてのお問い合わせは、以下までお願い致します。
メールの件名に「公開講座についての問い合わせ」を記載して下さい。
問い合わせメールアドレス:fapms@venus.joshibi.jp

 

宇宙・人間・アートHP

http://www.joshibi.net/ad/koukai/uchuart/

 

 

AXIS HP
http://www.axisinc.co.jp
AXIS jiku HP
http://www.axisjiku.com/jp/

お知らせイベント

16.11.04

宇津木えり先生 特別講義のお知らせ

10/24(月)5限時にmercibeaucoup, デザイナーの宇津木えり先生による特別講義が行われます。

 

%e5%ae%87%e6%b4%a5%e6%9c%a8%e3%81%88%e3%82%8a%e5%85%88%e7%94%9f_%e5%ae%87%e5%ae%99%e4%ba%ba%e9%96%93%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc-01

 

 

 

◆ 特別公開講座 「宇宙・人間・アート」◆
日時:2016年9月12日(月)~12月19日(月)
祝日、年末年始を除く、毎週月曜16時20分~17時50分
会場:女子美術大学杉並校舎 7号館7201教室
受付場所:7号館前
開場:15時30分から
定員:当日先着50名

入場無料

本件に関しましてのお問い合わせは、以下までお願い致します。
メールの件名に「公開講座についての問い合わせ」を記載して下さい。
問い合わせメールアドレス:fapms@venus.joshibi.jp

 

宇宙・人間・アートHP

http://www.joshibi.net/ad/koukai/uchuart/

 

mercibeaucoup, HP
http://www.mercibeaucoup.jp

お知らせイベント

16.10.21

2016 オープンキャンパス!!!

2016年も女子美術大学のオープンキャンパスは大盛況でした!

今年もファッションテキスタイル表現領域の2年生が中心となりワークショップを開催しました。

無地のバックにシルクスクリーンプリントをしてくワークショップ。

好きな色を選んで、オリジナルのアイスクリームを制作しました。

IMG_11792 IMG_11793 IMG_11794 IMG_11795 IMG_11791 IMG_11792IMG_1179

お知らせイベント

16.07.29

JOSHIBISION 2015 “アタシの明日”

12400457_934061673353649_31051027787771540_n

JOSHIBISION 2015 “アタシの明日”

会期:2016年3月2日(水)~6日(日) 9:30~17:30 ※入室は閉室30分前まで

会場:東京都美術館

内容:大学院・大学・短期大学部から選抜された学生による作品展

https://www.facebook.com/events/1522545454738501/

 

ファッションテキスタイル表現領域からは、大学院1年、2年生が出展します。

お知らせイベント

16.01.12

女子美祭「Fashion & Performance Show 」のお知らせ

2015年度 女子美祭

第61回ファッションテキスタイル表現領域

Fashion & Performance Show 「超開国」のお知らせです!

H1のコピー

先輩から後輩へと受け継がれてきた

ファッション&パフォーマンスショーは今年で第61回目を迎えます。

ショーを指揮するファッションテキスタイル表現領域の3年生は、入学してからの3年間「衣・食・住」をテーマに衣服との関わりとは何かを学び、制作発表を行ってきました。

今まで私たちが学んできたことの成果を十分に発揮する場として、皆様の心に残るショーになれば幸いです。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

2015年度 ファッションテキスタイル表現領域 3年生一同

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

【Fashion & Performance Show /詳細】

会場:女子美術大学 杉並校舎 体育館

日時:10月25日(日)

    第一回公演 開場/12:30 開演/13:00〜

    第二回公演 開場/15:00 開演/15:30〜

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

特設サイトにて情報を随時アップしています!

こちらも是非ご覧下さい。

HP : http://josibift.wix.com/tyou-kaikoku

Twitter : https://twitter.com/joshibi_FT2015

H4のコピー

お知らせイベント

15.09.24

オープンキャンパス2015

オープンキャンパス開催中です。

7月19日 10:00〜18:00

20日  10:00〜16:00

 

ファッションテキスタイルの学生展示、作品販売、ワークショップもやっておりますのでぜひぜひお越し下さい。

_DSC0172のコピー

シルクスクリーンのワークショップも開催しています!

 

_DSC0205のコピー _DSC0210のコピー

学生作品販売!

 

_DSC0236

作品も展示中!

 

 

 

 

お知らせイベント

15.07.19

ミラノインターンシップ

4月9日から19日にかけて、ミラノでのインターンシップに参加してきました.インターン先は 客員教授でもあるマーラ・セルベット先生のデザイン事務所です。午前中は先生の事務所でワークショップ、午後はミラノサローネの見学です。ミラノは自分に影響をあたえるものばかりで、毎日朝から晩まで充実した日々を過ごすことができました。個人で訪れるというのでは決して体験できないことばかりです。他領域の学生や先生、現地でサポートをしてくださった方々、マーラ先生と事務所のスタッフの皆さん。いろんな人と出会いコミュニケーションをとることで得られるものはとても多く、最終日には自分の大きな成長を感じました。私はこのインターンシップが終わってから大きな充実感と共に、他の女子美生にも是非経験してもらいたいと思いました。

 

さて、では私たちがどのように過ごしていたのか、ざっくりとですがこのミラノインターンシップのレポートをしていきます。

 

8:30

初日は佐藤和子先生にミラノ式の朝食のとりかたを教わるところからスタート!

“Cappuccino e brioche”

これはミラノに滞在中に毎朝使ったイタリア語です。

毎朝カプチーノとブリオッシュをカフェで食べ一日が始まります。

ミラノ1

9:00

Loretoから地下鉄でGenovaまで行きバスに乗り継いでマーラ先生の事務所に向かいます。朝からミラノの街並が堪能できます。

ミラノ2

10:30

研修スタートです。

来年のミラノエキスポのテーマ「地球に食料を、生命にエネルギーを(Feeding The Planet, Energy For Life)」から日本の独特の文化であるyataiをもとに発展させ、エキスポの期間中にミラノの街中に設置するというプロジェクトを各グループでブレインストーミングを行いながらアイディアを出し合いそれぞれ進めていきます。

 

1日目〜2日目

yataiの歴史・情報・社会性をブレインストーミングでどんどん意見をだしてyataiについての考えをグループごとに理解を深めます。2日目の後半でマーラ先生が、それぞれのグループがどこに着目していてどのようなテーマで5進めていくとよいのかをアドバイスしてくれました。

 

3日目〜5日目

マーラ先生がグループのテーマを生かせる場所をミラノの街に設定してその場所でパフォーマンスをしていくということになりました。

それぞれのプロジェクトに共通するのは、そのyataiは3輪の軽トラック

ミラノ3を利用し移動可能の店舗であることです。

 

6日目〜8日目

模型をつくりながら形や機能、素材、技術的な面までも話し合って決めていきます。

どのように展開させていくのか、どのような素材なら可能か…考えることはたくさんありました。2人だけのグループですがアイディアはたくさん生まれます。午後の見学のときもこのワークショップに役立つものはないかと考えながらすごします。

 

 

8日目

模型を完成までのちかい形にもっていきます。素材や機能も決めて最終日には自分たちが進みたい形が分かるように制作していきます。

 

9日目

他のグループのプロジェクトの内容も理解していきます。それぞれ特色のある内容になっていました。

日本にもどってきちんと模型を仕上げプレゼンができるようにマーラ先生に最後のアドバイスをもらいます。

ミラノ4

13:30

ランチタイム〜

午後にミラノサローネの見学をするためにもお昼はしっかりといただきます!

いろいろなところでランチをとりましたがやはりイタリア、どこでも美味しかったです.基本的にピザ、パスタ、サラダを4人くらいで分けて食べていました。

ミラノ5

 

15:00

移動も終えてサローネの見学です。ミラノサローネが開催されている時期はミラノの街全体がアートのイベントであふれ、様々なデザインやパフォーマンス、音楽に出会うことができます。午後はそのようなミラノの街を歩き回り見学していきます。大体19:00頃まで見学していました。今の時期のミラノは夜暗くなるのが遅く20:00を過ぎてもとても明るいのでたくさん時間を使えます。

ミラノ6トリエンナーレ

ミラノ7ミラノサローネ(国際家具見本市)会場

 

 

 

 

 

 

 

ミラノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミラノ8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20:00

ホテルに到着。1部屋に4、5人で過ごしていました。部屋がとても広く、元は工場の建物をマーラ先生がデザインしてリフォームしたホテルでとても素晴らしいデザインのお部屋です。キッチンも調理道具もすべて揃っているので皆でスーパーへ買い出しに行き、部屋で料理をして食べたりもしていました。

 

ミラノ9

24:00

就寝。朝から夜まで動き回るのでとても疲れていてほとんど倒れ込むようにして寝ていたのでいつ寝たのかあまり記憶にありません…。特にインターンシップの最終日の2日前くらいからは課題が終わらないのでみんなで起こし合いながら進めました。

 

同じ芸術の道を選び学んでいるもの同士、目指しているものは違ってもすぐに意気投合できてとても楽しく11日間過ごせました。友人達から受ける刺激も自分が大きくなるために必要なものだと感じます。

実際のプロの仕事は普段私たちの考えがいかないところまで詰めていきます。ここでの経験は必ず生かしていけるようなことばかりでした。本当に普通では体験できないことばかりであったように思います。このような体験をさせてくださった先生方、事務所のスタッフの皆さん、インターンシップ期間中ずっとサポートをしてくださった卒業生のヨンアさん春香さん、そして参加したメンバーに、本当に感謝しています。ありがとうございました。

 

おまけ

見学途中にこんな休憩もとったり…

ミラノ10

DOMOはいつ見ても素晴らしかったです。初めて見たときも、3度目も4度目もいろんな表情がありました。

ミラノ11

ジェラートはほぼ毎日食べていたような気が…

ミラノ12

カスティリオーニの事務所(美術館)の見学もできました!

室内はデザインにあふれていて見るものすべてに興味がわきます。

ミラノ13 ミラノ14

 

まだまだたくさん写真もあるので興味のある方は是非3年の朝重のところまで来てくださいね〜!

お知らせイベント

14.06.10

ウールの衣服展

2014年1月24日(金)から、
神戸ファッション美術館にて眞田先生ディレクションの「ウールの衣服展」が開催されております。
ウールの衣服展」が産経新聞に特集されました!!
    20140220121512_00120140225145012_001 20140225145049_001のコピー 最後
【詳細】
ウールの衣服展
開催日時 2014年1月24日(金)〜3月25日(火)
開館時間 10:00〜18:00(入館時間は17:30まで)
休館日 水曜日

お知らせイベント

14.02.25

「百花繚乱!」

ファッションテキスタイル3年生が中心となって進行してきたプロジェクトが

シブヤ経済新聞に掲載されました!

http://www.shibukei.com/headline/9908/

サイトをチェックしてみてね!

 

_DSC0053 _DSC0029

 

お知らせイベント

14.02.07

蜷川幸雄 × 蜷川実花  対談!!

演出家でありファッションテキスタイル表現領域客員教授である蜷川幸雄先生。写真家、映画監督として大活躍されている蜷川実花さんの対談が特別公開講座として12月18日(水)女子美 杉並キャンパスで行われました。

FN!のコピー

蜷川先生は、いつものように黒で統一、ヨウジヤマモトの素敵なコートにギャルソンのジャケットをカッコよく着こなしていました。実花さんは、ご自身の写真を使用したテキスタイルで作られたワンピース着て、カッコかわいく現れました。実にオシャレなファミリーで、やはりオーラが普通の方とは違います。

FN3のコピー

そして、そして、親子での対談は今回が初めてだそう!

2人でこうやって並ぶのは照れ臭くて、緊張しています。もともと仲が良い親子だけど、このような機会がないとモノづくりについて考えを話し合うことはできないと思いますと実花さんがおっしゃられておりました。

FN2のコピー

お互いの仕事についてどのように思っているのかという質問に対し蜷川幸雄先生は、映像は僕より才能があります。僕は、舞台では表現することのできない、風などの自然現象として起こる本物、リアルを求めすぎてしまいます。」と実花さんの作品を評価していました。

一方実花さんは、父の舞台を、目があいた瞬間から観ていました。”影響を受けた”とかそういうレベルではないくらい血となり肉となっています。映画を作るまで気づかなかったけれど音楽やセットの作り方など、ベースは父親の舞台からきていたりします。とお互いを尊敬し合う親子の絆を感じました。

FN4のコピー

質疑応答の時間では、実花さんを目の前に、感無量で泣き出してしまう学生もおりました。

FN5のコピー

そんな中、一番印象に残っているエピソードがありました。それは、蜷川先生が常々、実花さんに教えてきたこと。人と違う事、人と違う意見があるとき、みんなの意見が一致している方が正解とは限らない。迷わず自分の思う方向に向くように教育してくれたと。例えば、実花さんが5歳くらいのとき、新宿の人ごみの中、蜷川先生がその場に立ち止まり、このたくさん人が通っている道が行くべき道とは限らない、後ろの誰も人が通ってない道が行くべき道の時だってある。とシュチュエーションに置き換えて、自分で判断する、なびかない考え方を説明してくださったそうです。

そうして、蜷川実花さんが形成されてきたのだなとしみじみ。

とてもいい、”気もち”をいただいた対談でした。

 

 

 

 

お知らせイベント

13.12.20

蜷川幸雄 × 蜷川実花

20131218ninagawa

宇宙・人間アートの授業に蜷川幸雄先生と蜷川実花さんがいらっしゃいます。

親子での対談は、なかなか拝見できないとおもいます。

*講義聴講には人数制限がございます

 

お知らせイベント

13.12.05

踊る身体とファッションテキスタイル

このプロジェクトは、平成25年度文化庁「次代の文化を創造する新進芸術家育成事業委託事 業」として、新進舞踊家と新進ファッションテキスタイルのデザイナーを対象に、舞台空間の さらなる可能性を拓くための公演とそれに関する研修の場を設け、今後の自らの創作活動に活 かすことができる広い知識と視野を得る機会を提供することを目的としたプロジェクトです。  本プロジェクトでは、舞踊部門とファッションテキスタイル部門を設置し、公募によって各 部門より3名の新進振付家、3名の新進デザイナーを選出いたしました。振付家1名、ダンサ ー6名以内、デザイナー1名、デザイナー補佐4名以内を1チームとし、全3チームを結成 し、約2ヶ月の創作期間の中で研修やリハーサルを重ねて参りました。本日の公演は、その集 大成として開催されるものです。

フライヤー表面 フライヤー 裏面

お知らせイベント

13.12.05

平成25年度 女子美術大学 女子美術大学短期大学部  退職教員記念展

 

main2_0

 

 

jp_naka_ol

 

退職教員記念展

 

この度、女子美アートミュージアムでは、「平成25年度女子美術大学 女子美術大学短期大学部 退職教員記念展」を開催致します。
作家として創作活動に携わるだけではなく、学校法人・女子美術大学で長年にわたり教員として後進の育成に取り組んだ5名の実技

系教員による幅広い活動の一端をご覧いただきます。

 

この作品展示をとおして、本学の教育方針や創作活動の軌跡を顕彰する機会となれば幸いです。

 

*ファッションテキスタイル表現領域からは、小倉文子先生がご出展されます。*

 

 

会期:女子美術大学ガレニア二ケ(杉並キャンパス) 平成25年11月29日(金)〜12月14日(土)

女子美術大学JAM(相模原キャンパス) 平成26年1月6日(月)〜2月3日(月)

*杉並キャンパス、相模原キャンパス、両校地巡回いたします。

お知らせイベント

13.12.01

杉並区民ギャラリー展示

杉並区民ギャラリーで展示を行いました。

たくさんのご来場ありがとうございました。

suginamiku FT入稿 suginamiku HL入稿IMG_9272 IMG_9283

お知らせイベント

13.11.21

女子美術大学文化祭 ファッション&パフォーマンスショー「継-つぐ-」

jyoshibisai omote DM

????? ???

■ 第59回ファッション&パフォーマンスショー『継-つぐ-』

女子美祭 「A・I・R〜Art Is Resistance~」

2013年10月29日(日)1回目12:00会場・12:30開始   2回目14:00会場・14:30開始

会場:女子美術大学  杉並キャンパス 体育館 *入場無料

 

■ さくらフェスタ

2013年11月09日(土)12:45会場 13:30開会

*ファッションテキスタイル出演時間 13:40~14:00(約20分間)

会場:千葉県佐倉市民音楽ホール

http://mews.shiteikanri-sakura.jp/old/index.html

 

 

 

お知らせイベント

13.10.07

地球イチバン 近藤良平先生

ファッションテキスタイル表現領域

非常勤講師の近藤良平先生が10月3日(木)22:00〜 NHK総合「地球イチバン」に出演されます。

NHK総合「地球イチバン」

世界最北の狩人 ポーラーイヌイット  ~グリーンランド~

北緯77度 極北の狩人たちの命への向き合い方。「食べる」とは。

近藤先生

http://www.nhk.or.jp/ichiban/

お知らせイベント

13.10.01

『ウールのチカラ展』

mainimg_wool_130906
 

Exhibition イベント

『ウールのチカラ展』トークイベント

『ウールのチカラ展』では、関連イベントと致しまして、トークイベントを開催致します。

トークイベント「くらしとウール」

柏木博氏、眞田岳彦氏をお招きし、歴史、科学、ファッション、文学など、さまざまな領域、そして時代や地域を横断し、人間と羊、そしてウールとの関係についてお話をいただきます。

開催日:2013年9月6日(金)
時間:19:00~20:30(受付 18:30~)
講演者:柏木博氏、眞田岳彦氏
会場:無印良品 有楽町 ATELIER MUJI
定員:60席
参加:無料
申込:要申込

講演者

  • 柏木 博(かしわぎ ひろし)デザイン評論家/武蔵野美術大学教授(近代デザイン史専攻)1946年神戸生まれ。武蔵野美術大学卒業。現在、とくに「室内」と意識・感覚の問題をテーマにしている。著作『家事の政治学』青土社、『モダンデザイン批判』岩波書店、『「しきり」の文化論』講談社、『玩物草子』平凡社、『探偵小説の室内』白水社ほか多数。展覧会監修:『田中一光回顧展』東京都現代美術館、電脳の夢』パリ日本文化会館ほか多数。
  • 眞田 岳彦(さなだ たけひこ)衣服造形家/女子美術大学教授1962年東京都生まれ。イッセイ ミヤケ社勤務後渡英し、彫刻家リチャード・ディーコンの助手を務め95年独立。以降、染織、衣服を通した造形/デザイン活動を国内外で多数行う。また99年より伝統繊維再考プロジェクトを日本各地で開催、00年より先端機能繊維を使用し、衣服により社会問題を考えるシリーズ「プレファブコート」のデザイン制作・提供を行う。眞田造形研究所代表、眞田塾主宰。国立民族学博物館外来研究員。

お知らせイベント

13.09.02

【被災地にふろしきを贈るプロジェクト】

このプロジェクトは、丹後織物工業組合様より丹後ちりめんの素材をご提供いただき、
女子美術大学の学生、卒業生がデザイン,染め、縫製、プリント等で風呂敷の形に仕上げて、一人一人が手描きのメッセージを添え、以前から交流があった岩手県宮古市田老地区の避難所にお贈りすることを目的として企画されました。

短大のテキスタイルデザイン、学部のメディア表現領域、ファッションテキスタイル表現領域の学生が参加し、2回に分けて300枚の風呂敷を避難所にお贈りしました。

<第1回目>では、ファッションテキスタイルからは学生5名が参加し、各々シルクスクリーンやミシンワーク、手縫いの手法で制作しました。

<第2回目>ではデザイン学科環境計画専攻の卒業生達がデザインを検討、パーツを自宅で制作し大学に送り、メディアとファッションの学生がそのパーツをふろしきに縫い付けて完成させました。女子美特製のタグを付けふちの始末をしたものに、染めつけた風呂敷にちりめん細工の飾りをつけるなど様々な工夫が凝らされています。

参加した学生は「一人では出来ないことなので、この取り組みに参加出来て良かったです。」「私たちが作った風呂敷で被災地の方に想いを伝えることが出来れば嬉しいです。」「年末に少しでも暖かい気持ちになってもらえれば」と口々に話していました。

1回目に完成した風呂敷

2回目に完成した風呂敷

制作風景

イベントプロジェクトホスピタリティーワーク

12.02.23

アート・デザイン表現学科 ファッションテキスタイル表現領域 女子美術大学

アート・デザイン表現学科 ファッションテキスタイル表現領域 Field of Fashion and Textile

Archives