資料請求入試情報アクセス 女子美術大学 Joshibi university of art and design
アート・デザイン表現学科 ファッションテキスタイル表現領域 FaceBook

News!

蜷川幸雄 × 蜷川実花  対談!!

演出家でありファッションテキスタイル表現領域客員教授である蜷川幸雄先生。写真家、映画監督として大活躍されている蜷川実花さんの対談が特別公開講座として12月18日(水)女子美 杉並キャンパスで行われました。

FN!のコピー

蜷川先生は、いつものように黒で統一、ヨウジヤマモトの素敵なコートにギャルソンのジャケットをカッコよく着こなしていました。実花さんは、ご自身の写真を使用したテキスタイルで作られたワンピース着て、カッコかわいく現れました。実にオシャレなファミリーで、やはりオーラが普通の方とは違います。

FN3のコピー

そして、そして、親子での対談は今回が初めてだそう!

2人でこうやって並ぶのは照れ臭くて、緊張しています。もともと仲が良い親子だけど、このような機会がないとモノづくりについて考えを話し合うことはできないと思いますと実花さんがおっしゃられておりました。

FN2のコピー

お互いの仕事についてどのように思っているのかという質問に対し蜷川幸雄先生は、映像は僕より才能があります。僕は、舞台では表現することのできない、風などの自然現象として起こる本物、リアルを求めすぎてしまいます。」と実花さんの作品を評価していました。

一方実花さんは、父の舞台を、目があいた瞬間から観ていました。”影響を受けた”とかそういうレベルではないくらい血となり肉となっています。映画を作るまで気づかなかったけれど音楽やセットの作り方など、ベースは父親の舞台からきていたりします。とお互いを尊敬し合う親子の絆を感じました。

FN4のコピー

質疑応答の時間では、実花さんを目の前に、感無量で泣き出してしまう学生もおりました。

FN5のコピー

そんな中、一番印象に残っているエピソードがありました。それは、蜷川先生が常々、実花さんに教えてきたこと。人と違う事、人と違う意見があるとき、みんなの意見が一致している方が正解とは限らない。迷わず自分の思う方向に向くように教育してくれたと。例えば、実花さんが5歳くらいのとき、新宿の人ごみの中、蜷川先生がその場に立ち止まり、このたくさん人が通っている道が行くべき道とは限らない、後ろの誰も人が通ってない道が行くべき道の時だってある。とシュチュエーションに置き換えて、自分で判断する、なびかない考え方を説明してくださったそうです。

そうして、蜷川実花さんが形成されてきたのだなとしみじみ。

とてもいい、”気もち”をいただいた対談でした。

 

 

 

 

お知らせイベント

13.12.20

アート・デザイン表現学科 ファッションテキスタイル表現領域 女子美術大学

アート・デザイン表現学科 ファッションテキスタイル表現領域 Field of Fashion and Textile

Archives