資料請求入試情報アクセス 女子美術大学 Joshibi university of art and design
アート・デザイン表現学科 ファッションテキスタイル表現領域 FaceBook

News!

絵画プロジェクト 第四弾!

ついにやってきました。銀座。。。

数々のギャラリーがあることで知られる銀座ですが、今回は

渡邊木版美術画舗の渡邊さんに直接お話をお伺いしました。

木版画について(渡邊木版美術画舗 webサイトより)

”棟方志功、浮世絵版画、千社札。これらが木版画の代表的イメージでしょうか?
小学校でさつま芋やリノリューム板(ゴム板みたいの)、中には消しゴムを使ったりして、ハンコ風の版画を作りませんでしたか。全て凸版印刷の仲間ですが、木版画も同じです。

版の素材には桜や朴の板、シナベニヤなどを使います。色を着けたい部分を残して、その他の部分を彫刻刀で削ります。基本的には色の数だけ版を作り、1色ずつ摺り重ねていきます。白黒一色といった作品は少なくて、10~15色も摺り重ねた色鮮やかな作品が主流です。

※素材に木の板を使いながら、凹版として凹んだ部分に絵の具を付けて(凸の部分の絵の具を拭き取ってから)プレスして摺る作家もいます。

最大の特徴は 温かみ、自然の素材が織り成す柔らかな色、まさに 癒し系の版画です。 和洋どちらにでも合わせ易いのも木版画。浮世絵も額縁やお部屋の雰囲気を工夫すれば、ちょっとお洒落な『和』のくつろぎ、ジャポニズムを演出できます。”



木版画について学びます。

 

優しい綺麗な色ですね。

 

着物の柄の表情も豊か。

 

職人さんの仕事場まで拝見しました。

 

貴重な資料をたくさんありがとうございました。お店の前で渡邊さんとみんなで記念撮影。

皆さんPEACEで何よりです。

見学旅行もこれでひとまず終了。

ここからどのように発展していくのか、作品に期待です。

プロジェクト

17.09.29

アート・デザイン表現学科 ファッションテキスタイル表現領域 女子美術大学

アート・デザイン表現学科 ファッションテキスタイル表現領域 Field of Fashion and Textile

Archives